【MOD紹介】Node Controller

【MOD紹介】Node Controller

こんばんは、がともです。

突然ですが、Cities: Skylinesで傾斜のある街並みをつくるのって難しくないですか?私の場合、段々になった道路が特に気になってしまいます。この段々になる現象は、Cities: Skylines自体の仕様で交差点が必ずフラットになってしまうことが原因で、なかなか解決できずにいました。対処方法は、道路の形状を工夫してなるべく交差点にならないようにするか、CSURのような特殊なアセット使うといったものがあります。しかし、街の形に制約がついてしまったり、道路の種類が限られてしまうという点で根本的な解決にはなっていませんでした。

傾斜地にできがちな段々になった交差点。これを解消したいというプレイヤーは多いのではないか。

 

今回はそのような課題を解決するMOD「Node Controller」を紹介します。斜面に逆らわない交差点をつくったり、バンク角を付けたりと、このMODを使えば表現の幅が格段に向上するでしょう。

バンク角のついたコーナー。これは極端な例だが、九十九折の山道で角度をつけるといった使い方もできる。

 

なお、例によって導入は自己責任にてお願いします。

 

導入

まずはNode Controllerをサブスクライブします。前提となるMOD群はWorkshopに掲載されています。必ずこれら前提MODも導入しましょう。

Node controller V2.0 [Beta]

特にTM:PEに関してはSTABLE(安定版)ではないバージョンが前提MODとして指定されています。TM:PEを複数バージョン導入すると競合を起こす可能性があるため、古いものはコンテンツマネージャーから無効にしておくと良いでしょう。

 

Node Controllerを起動してみる

Node Controllerは「Ctrl + N」で起動できます。ノードのNと覚えると良いでしょう。Crtl + Nで起動しない場合は、他のMODや設定とショートカットが被ってる可能性があります。オプションからショートカットを変更するか、他のMOD側の設定変更を検討してください。

 

Node Controllerの基本機能

Node Controllerでは以下の基本機能を提供しています。

  • 交差点のRを滑らかにする
  • 交差点のマーキングを除去する
  • デフォルト状態に戻す

交差点のRを滑らかにする

「Corner smoothness」のスライダーを移動することで、図のように交差点の半径を滑らかにすることができます。あまりにも大きくしすぎると以前紹介したIntersection Marking Toolと併用した際に、線の計算がおかしくなってしまうので程々に設定するとよいです。また、この機能自体は水平方向に対して伸ばすだけなので、傾斜地で利用すると不気味な段差ができてしまいます。解消するためには後述するSegment End Controllerと組み合わせて使ってください。

上がデフォルトの状態。下がスムース値をいじった状態。交差点に余裕が生まれたのがわかる。

交差点のマーキングを除去する

「No junction markings」にチェックを入れると交差点内の白線、歩道の表示が消えます。Intersection Marking Toolを使う場合、デフォルトの白線は邪魔になることがあります。その際はこの機能でマーキングを削除してしまうと良いでしょう。

Segment End Controller

Segment End Controllerはその名の通り、セグメント末端の細かな制御をするためのツールです。Node Controllerが有効になった状態でAltキーを押しこむと、図のようにセグメントの末端を編集できるようになります。編集したいセグメントを選択してみましょう。

Node Controllerが有効な状態でAltキーを押すとこのようにセグメントを選択できるようになる。

セグメントを選択すると現れるSegment End Controllerのコントロールパネル

Segment End Controllerでは以下の操作ができます。

  1. コーナーのスムーズさ
  2. 交差点の水平設定
  3. 左右の座標設定
  4. 交差点のマーキング設定
  5. 設定のリセット

この中で特に有用なのが「交差点の水平設定」と「左右の座標設定」です。

Flat junctions

交差点部分を水平にするかどうかのフラグです。このチェックを外すことで滑らかに傾斜した交差点になります。こちらの方がより現実に近い雰囲気に仕上がりますね。

Left corner / Right corner

道路の座標を変更する機能です。この機能を使うことで、バンク角を付けたり、道路の位置を微調整したりといった細かな調整をすることができます。

この機能だけ馴染みのない用語が多いため筆者が理解した範囲で解説します。

まずはSegment End Controllerの向きですが、選択時に丸まっている方が先頭になります。先頭に”向かって”左か右かでleft/rightを判断します。

posは赤丸の相対座標、dirは弧の設定です(たぶん)。posとdirの値を変更することでで赤丸の位置や曲がり具合を調整できます。

outward/backward/verticalにプラスの値を入力すると下図の矢印に移動します。

基本的にはpos先に編集して、微調整をdirでするといった感じに使うとよいかもしれません。このように自分好みの道路に仕上げていきましょう。ちなみに、アイキャッチ画像になっているバンクのついた道路は、verticalをいじって実現しています。

Left cornerの設定値の関係図。Right cornerの場合はoutwardが右方向に変わる。

 

その他の機能

ノード追加やノードの設定変更

編集状態のまま道路のセグメントをクリックすると、新しいノードを追加できます。この状態でnode typeを変更すると、道の途中であっても横断歩道を設置したり、中央分離帯を取り払ってUターン可能な場所を設置したりできます。また、異なる種類の道路との結節点では、選択できるnode typeが増え、境界を「滑らかにつなぐ」こともできます。

交差点でなくてもノードであればNode Controllerで設定を追加できる。

Bendの前後比較。異なる道路をつなげた場合、Bend後のほうが滑らかにつながっている。

この機能について、さらに詳細を知りたい方はNode ControllerのWikiをご覧ください。

Node Controllerと道路アセットの相性次第では意図した動作にならない場合があります。それぞれの特性を活かした使い方をしましょう。

 

鉄道への適用

線路アセットではポイントに対してSmoothness(滑らかにする)のみ適用できます。道路のバンク同様、鉄道でもカントを付けられるかもと期待しましたが、現時点ではできないようです。カントを付けるだけでも一気にリアルさが増すので、今後に期待したいところですね。

 

おわりに

道路の表現を格段に改善してくれるNode Controllerいかがでしたか?

Move It、Intersection Marking Toolと非常に相性がよく、まだβ版とはいえ今後必須級のMODになることは間違いなさそうです。今のうちに使い方を覚えて、あなたの街に活用してみてはいかがでしょうか。

2020年になっても革新的なMODが多数リリースされ、どんどん便利になりますね。次はどんなMODが登場するのでしょうか。楽しみです。

 

Add Comment

Your email address will not be published. Required fields are marked *